2010年08月30日

楽しむために一流になる(5)「強みの補強」と「弱みの転換」の違い

●「強みの補強」と「弱みの転換」の違い

手本になるデキる人をしっかり観察し続けているうちに、そらまで蓄積していた様々の「気づき」が一気にプレークしたごとく、あなたの学習能力にグンと加速度がつきます。

強みの補強方法としては、テクニックの習得に努め、70点を80点にするイメージである。
既にある程度までのプレゼン能力があって、その強みをさらに補強していくことは、具体的に、勉強方式でやるといい。
これらが「強みの補強」になる。


一方、コツで学ぶ上達法は「弱みに転換」となる。

新入社員のようにまだプレゼン能力を身につけていない人たちを短期間で一人前にするには、40点を70点にアップする方法をとる。
細かなテクニックを学ぶのではなく、コツを学んで短期間のうちに一人前のレベルまでに飛躍させる。これが「弱みの転換」となる。

早く一人前になれば、それだけ早く耳もできてくる。
そのときは、コツで学んできたことによってプレゼンを基本から捉えているから、細かなテクニックもほんとうの意味で血となり、肉となってくれる。



■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 03:49| Comment(2) | コツで学ぶ | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

楽しむために一流になる (4)

プレゼンが上手い人の発表方法を何回も、何十回も聞く。
それと同時に自分もプレゼンを繰り返す。

すると、次第に自分のプレゼンのまずさ、上手い人のプレゼンはどこがうまいのか、それが何となくわかってくる。
これはなかなか言葉で表すのが難しいです。
こういう「感じ」をあえて言葉にするとそれは「気づき」だということになる。

これが「コツ」の世界の学び方だ。
要するに、テクニックや手法のようにお勉強形式で身につけるのではなく、気づきによって学んでいく、わかっていくのがコツというものである。

この感覚をほかの分野にも応用しよう。

ブログをうまく書きたいなら、ブログの上手い人の投稿文を読み、自分のブログと比較する、というわけだ。


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/

■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/

■ホーライ製薬
http://horaiseiyaku.seesaa.net/

■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.net

posted by ホーライ at 06:03| Comment(0) | コツで学ぶ | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。